CONFERENCE

​第一線で活躍するエンタメ業界ゲストによる特別講演&トークセッション

9.12 [SAT] / DAY.1

韓国Zandari Festaが考える、新時代の音楽市場開拓

登壇:Cecilia Soojeong Yi(セシリア・スジョン・イ / Zandari Festa Executive manager)

韓国版SXSWと言われ、韓国を代表するインディペンデント&国際ショーケースフェスティバル「Zandari Festa」のエグゼクティブマネージャーが考える、withコロナ/afterコロナにおけるミュージシャンが目指すべき活動スタイルと、オンライン新時代における世界音楽マーケットへの開拓構想。

台湾でライブをする為のHOW TO

登壇:寺尾ブッタ&スパイキー(月見ル君想フ / BIG ROMANTIC RECORDS)

台湾のライブハウス「台北月見ル君想フ」や音楽レーベル「BIG ROMANTIC RECORDS」を運営し、最近は下北沢「大浪漫商店」で魯肉飯を作り続けている、日本と台湾を繋ぐキーパーソン「寺尾ブッタ」氏と、台湾音楽カルチャー に精通するTHE WALLのマネージャー「スパイキー」氏による台湾で音楽活動をする為のHOW TOトーク。

台湾の音楽家とイラストレーターによるポップカルチャー紹介

登壇:曾稔文(DSPS / エイミー)×高妍(Gao Yan / ガオ・イェン)

台湾のみならず海外のリスナーからも広く支持されるギターポップバンド「DSPS」のボーカル「エイミー」と、村上春樹氏によるエッセイ『猫を棄てる 父親について語る時』(文藝春秋)の表紙と挿絵を担当し、今話題を集める台湾のイラストレーター「高妍(ガオ・イェン)」による台湾ポップカルチャー紹介トークセッション。

9.13 [SUN] / DAY.2

Bangkok Music Cityが考える、海外との共創

登壇:Piyapong Muenprasertdee(Fungjai Co, Ltd / Co-founder & Director)

バンコクの音楽プロダクション「Fungjai」のディレクターであり、2019年に始まったタイ初の音楽カンファレンス&ショーケース・フェスティバル「Bangkok Music City」の共同創設者として、タイのインディペンデントミュージックシーンに精通している「Py」氏が考える、世界中、特に東南アジアや東アジアの音楽コミュニティや専門家と繋がりを持つ視点から見る海外との共創について。

上海音楽カルチャーとインディーズ市場

登壇:盧佳霊(ルー・ジァーリン / Luuv Label / CEO)

上海を拠点とするセレクト⾳楽レーベル「Luuv Label」主宰。外資大手広告代理店にて勤務する傍ら、自身もバンドマンとして日本・台湾など国外のアーティストを招いたフェスを企画し、2018年には坂本慎太郎、PAELLASなど日本アーティストの中国ツアーのブッキングを手掛ける。中国国内の音楽事情を踏まえ、中国インディ音楽シーンの現状と、日本と中国の音楽カルチャーを繋ぐ実践的トーク。

福岡新世代アーティストの躍進と

グローバル展開のすゝめ

登壇:柴田 洋平(SPACE SHOWER)×野村祥悟(MADE IN HEPBURN / BOAT)×松島 功(株式会社arne)

SpotifyなどのストリーミングサービスやSNSを通じて、福岡新世代アーティスト達の楽曲が世間を賑わせている。このトレンドについて、デジタル音楽マーケターのarne 松島 功氏とBOAT代表野村氏を迎えて実際のデータを許に検証しつつ、さらには西のローカル都市・福岡からのアジア〜世界戦略を考える。ASIAN PICKSとスペースシャワーTVの共同企画で製作した福岡音楽シーンのドキュメンタリーの一部もプレミア公開。

柴田 洋平(株式会社スペースシャワーネットワーク) 

レコード会社の洋楽宣伝スタッフなどを経験後、スペースシャワーネットワークに入社。現在はスペースシャワーミュージック所属アーティストの海外展開支援やアジアのアーティストの日本でのライセンスリリースなどを担当。

野村祥悟(MADE IN HEPBURN / BOAT)

1984年、福岡生まれ。音楽プロダクション「C.I.T.Y.」CEO兼プロデューサー。「LOVE FM」のディレクターとしてラジオ番組の制作に携わる傍ら、MADE IN HEPBURN / BOATのメンバーとしても活動している。

松島 功(株式会社arne)

Spotify退職後、音楽専業のデータ分析・デジタルプロモーション・マーケティング会社arneを設立。インディペンデントのアーティストサービス、レコード会社のデジタル事業サポートにつとめる。

© 2020 FUKUOKA ASIAN PICKS. ALL RIGHTS RESERVED.